ジオマンシー占いとは?

 

ジオマンシー占いは、イスラム圏や北アフリカなどで栄えた占いだそうです。

イスラム圏では、一神教ですので、基本的には占いはNG。

いわば、異端です。

そのため、文献もあまり残っていないそうなのですが、

「黄金の夜明け団」という19世紀のイギリスの結社によって研究されてたそうです。

ちなみにこの「黄金の夜明け団」はタロット他占いの研究で有名な結社です。

 

ジオマンシーは、基本的には

4つの数を出し、

その1つ1つが偶数か、奇数かを判定し、

それを組み合わせて意味を読み取っていきます。

ジオマンシー占いは、その昔、

一神教のみとされたイスラム圏でバザールの奥の方の看板のないところで、

こっそり地面に穴を開け、占ってたそうです。

無意識状態になり、数えないでポンポンポンポンと穴を開けていき、

それが偶数か?奇数か?みたいな感じで、判定し、

そこから占っていきます。

イスラム圏ではそんな風にやっていたようですが、

実は、偶数または奇数の数字を導き出せればいいので、

さざれ石、おはじき、あとサイコロ、など

ゲームなどのサイコロも使えます。

易をやっている方は易サイコロでもできます。

 

まだ特に日本の文献が少ない占術なのです。

ですが、的中率抜群!!!

特に、物質的なもの、お金のこと当たりますよ〜☆