2/17(金・夜)【阿佐ヶ谷】職業としての占いを考える講座〜基本編*参加者募集

「占い師になりたい!」

「占いの仕事はどうしたらなれますか?」

ということを

講座をやっていてもよく聞きます。

占いを勉強された方の中には、

今後占いの仕事を考える方もいらっしゃると思います。

この講座は、今後占いの仕事をするか?しないか?

するのだったらどんな形でするのか?

というご参考になれば幸いです。

以前も同内容で、

「占い師になるには?」という講座をやっていましたが、

占いの仕事、つまり【職業としての占い】は

占い師の他にもいろいろありますし、

「なるには?」というよりも、

もともとこの講座を通して「知ってほしい」「考えてほしい」というのが強かったので、

こちらの名前に変更しました。

【職業としての占い】は、
社会学者のマックス・ウェーバーの【職業としての学問】をもじりました。

著書の中にも
自己を滅して専心すべき仕事を、逆になにか自分の名を売るための手段のように考え、自分がどんな人間であるかを「体験」で示してやろうと思っているような人、つまり、どうだ俺はただの「専門家」じゃないだろうとか、どうだ俺のいったようなことはまだだれもいわないだろうとか、そういうことばかり考えている人、こうした人々は、学問の世界では間違いなくなんら「個性」のある人ではない。」

とあります。

自分の名誉をかなえるためだけではなく、人を相手にした仕事だからこそ、
自己のためだけに「占い師になろう!」ではなく、
「考える」ということで今回は銘打ってやっていきたいと思います。

定員4名ですので、かなりお一人お一人にヒアリングし、時間を割きます。

<日時>
2月17日(金)19:30〜22:30

<場所>
阿佐ヶ谷「アトリエ水瓶座」(住所は参加者に通知)

<受講料>
10000円

<持ち物>
筆記用具、タロットorルノルマン(占術としてタロットなどがない方は事前にご相談ください)

<定員>
4名(最少催行人数2名)

 

<その他>
・要予約になります。残席があれば当日まで予約可能です。メールフォームからお問い合わせいただくか、Twitter(@ikkaichie)をチェックしてみてください。

・事前振込となります。
銀行振込(セブン銀行あて)、コンビニ払い、クレジット払いが選べます。

・お申し込みより5日以内のご入金がないとシステム上、自動キャンセル。再度手続きが必要となりますのでご注意ください。

・お申し込み日よりキャンセル料全額がかかります。ご注意ください。

お申し込み

別講座開催されますので、お日にちと講座名を必ず明記ください。